脱毛とお酒って関係あるの?

脱毛に通う女性が増えて、脱毛が特別な時代ではなくなり、
ショッピングついでに、仕事終わりに、気軽な感覚で脱毛を行っていると思います。

脱毛の前日は、お酒は控えるように!と言われます。

もちろん、脱毛当日の施術前にお酒を飲んでから行くのもダメ!!

脱毛『前』にアルコールNGな理由

①:施術中に気分が悪くなる

体内にアルコールが残っていた場合、 気持ち悪くなる場合がありますよね?

お酒臭いまま来店するのは、大人の女性としてのマナーとしても良くないです。

②:肌が熱くなる・痒くなる

アルコールを飲むと、肌が敏感になります。

脱毛マシンの”光”に過剰に反応し、熱くなったり、痒みがでてしまうことがあります。

※肌トラブルの元!

脱毛『後』にアルコールNGな理由

肌が熱くなる・痒くなる

脱毛の施術後でも、お酒を飲むことで、
 血行が促進されて、熱くなったり、痒みを感じたりする場合があります。

脱毛の効果がイマイチに

アルコールが体内に入ることで、体温が上昇し肌が乾燥しやすくなります。

脱毛に乾燥は効果半減(涙)

せっかく時間と手間をかけて、光をあてたのに効果を低下させてしまうんです><;

全身脱毛の『翌日』のアルコールはOK?

翌日になれば、肌の状態も通常にもどるので、
お酒を飲んでも大丈夫!

といいたいところですが、肌がまだほてっていたり、
痒みがあるときは、症状が引けるまでは、1週間くらい禁酒する方がよいでしょう。

まとめ

実際に、脱毛後、当日に飲酒した人は、毛穴全体が真っ赤にブツブツになっちゃった!

なんていう話を聞いたことがあります。

脱毛前日と当日の2日間は、お酒が好きな人も、美容のために
我慢してくださいね。