家庭用脱毛器ランキング!ベスト3!

脱毛うさぎ喜ぶ

家庭用脱毛器は、この3つがおすすめ♪

ランキング1位ケノン

脱毛器ケノン

脱毛うさぎ指先

【ケノンの特徴】

  • 価格:69,980円
  • 方式:フラッシュ(光)
  • 照射面積:3.5cm×2.0cm
  • 強さ:10段階
  • カートリッジ:交換可
  • 残り回数:表示あり
  • 保証:1年間
  • 充電方式:コンセント
  • 生産国:日本

【こんな人におすすめ】

  • 照射面積が広いほうがいい人
  • 国産製品がよい人
  • 家族で共有する予定の人
  • コスパ重視の人
脱毛うさぎ解説する

最大のおすすめポイントは
カートリッジを簡単に付け替えられる点。

例えば、あなたの姉妹やお母さんが使った後に、ケノンを使うなど
衛生面が気になっちゃう^^;

でも、それぞれに専用のカートリッジがつければ、安心だよね☆

公式サイトボタン

ランキング2位トリア

脱毛うさぎ指先

【トリアの特徴】

  • 価格:54,800円(※4X)
  • 方式:レーザー
  • 照射面積:1cm×1cm
  • 強さ:5段階
  • カートリッジ:なし※リチウムイオン電池
  • 残り回数:表示なし
  • 保証:2年間(※30日返金保証あり)
  • 充電方式:充電
  • 生産国:アメリカ

【こんな人におすすめ】

  • 安く済ませたい人
  • 痛みがあってもいいから、レーザー方式がよい人
  • 返金保証が必要な人
  • コードレスが良い人
脱毛うさぎ解説する

最大のおすすめポイントは
コードレスで場所を選ばない点☆

ただし、ケノンは120g トリアは584gと約5倍近く重さが異なるため、
自由に使えても、長時間持ち続けるのは難しいかも?

※ちなみにiphone6が129fなので、
トリアはiphone6が約5台分くらいの重さに

公式サイトボタン

家庭用脱毛器:メリット・デメリット

メリット

①:時間・場所の制限がない

脱毛サロンは予約日を決めて、電車など交通費を支払い、時間を使い、通う必要があります。

脱毛器は、自宅でこっそり、朝・昼・晩とわずいつでもどこでもできます。 

②恥ずかしくない

同じ女性でも、恥ずかしい部分(IOラインなど)を見られるのはちょっと・・・

例えば、もっさりしたVラインなど恥ずかしく感じるかもしれません。

③安い

全身脱毛は6回10万円~12万円(※サロンによる)ほどかかります。

【参考】全身脱毛の人気ランキング比較!※本当に安いおすすめサロン!

人気の家庭用脱毛器”ケノン”は69,980円で、やり放題のため、
コスパがかなりよいです。

※カートリッジの交換は必要です

④未成年者

脱毛サロンは未成年者は”親の同伴や同意書”

そのため、脱毛をしたくてもできない!と悩む女子は多いです。

ですが、家庭用脱毛器なら、お母さん、姉妹など家族で使うことができるため、
親に納得してもらいやすいです。

※女性ホルモンのバランスから16歳~の利用がおすすめ

【参照】→未成年OKな脱毛サロンの条件※16歳未満・17歳・18歳・19歳

⑤勧誘の心配がない

最近は脱毛サロンはどこも勧誘がなくなりました。

ですが、おすすめ程度はされるため、家庭用脱毛器なら”勧誘の心配ゼロ”です。

デメリット

①まばらになる

エステのプロではないため、どうしても腕によって仕上がりが”まばら”になりがち。

②手が届かない箇所がある

①と同様、自分でやるため、背中やうなじあたりなど手が届かない部分はやりにくいです。

家族や同居人がいれば、やってもらえるますが、一人暮らしだと難しいです^^:

そのため、仕上がりを重視なら脱毛サロンがおすすめです。

③産毛の脱毛ができない

まず、家庭用脱毛機は産毛など、薄い箇所の脱毛ができません。
※サロンも同様

サロンなどのフラッシュ脱毛はムダ毛の黒色(※メラニン色素)に反応し、
脱毛をします。

ただ、毛が薄く、反応しづらいため、業務用機器でも家庭用でも産毛の処理は
難しいです。

【参照】産毛も対応可能な医療脱毛クリニック!ランキング

③施術NG部分がある

ハイジナーナ、つまりVライン・Iライン・Oラインのうち
IとOラインは脱毛できません。

正確にいうと”推奨できない部分”です。

理由はかなりデリケートな部分で、かなりヒリヒリして痛いです。

またお尻の穴まわりなど、自分でするのも大変ですし、
消毒などをせずに、他部位などをするのは衛生的におすすめできません。

※どうしてもやりたい場合は、自己責任でお願いします・・・

そのため、ハイジーナを徹底的にやりたい!場合は
ミュゼのハイジーナ7がおすすめです。


参照:→vio脱毛で安いサロンはココ!【※形・毛量・痛みも大切】

また、顔部分は鼻の下半分が対象範囲です。
(※脱毛機のメーカーによる)

理由は、脱毛器の光が目に入ってしまう恐れがあるためです。

そのため、顔脱毛を含む脱毛をするなら、
全身脱毛サロンのキレイモがおすすめです。

>>ミュゼ公式サイトはこちら

※おでこやVIOもバッチリ対応

家庭用脱毛機Q&A

疑問女性

脱毛器は手の甲や指にも対応している?

脱毛うさぎ解説する

指毛でもOK!

薄すぎるとダメですが、ちょろっとニョキと顔を出しているのでしたら、大丈夫

疑問女性

脱毛器はどれくらいの期間使えるの?

脱毛うさぎ解説する


本体は機器が故障するまで利用できるよ♪

ただ、当然カートリッジの交換が必要!

部位や回数・照射レベルによって、なんとも言えないな・・・

疑問女性

何回くらいで効果が期待できるの?使用頻度は?

脱毛うさぎ解説する


部位別・他個人差があるので、あくまでも参考程度に。

一番わかりやすい”ワキ”だと10回もやればかなり満足いくと思うよ♪

ただ、光のパワーの調整を間違えると毛が思うように抜けないことも
あるので、強すぎず・弱すぎず調整していくしかないかな・・

使用頻度は毛の周期に合わせるため、2~3週間に1回。
効果がでてきたら、1ヶ月、2ヶ月と伸ばしていくのが一般的♪

疑問女性

脱毛器は生理中に使うのはダメ?!

脱毛うさぎ(驚く)

物理的には可能だけど、やめたほうがいいよ!

生理中は肌が敏感になりやすく、そんなときに脱毛機で負担をかけることで
肌トラブルを招くし、何よりもいつもより痛い!

それとV・I・Oラインは生理中に使うことで衛生的にもよくないし、
姉妹や親子で使っている場合は、何かしらの感染トラブルを起こすかもしれない!

【参照】生理中の脱毛はNG?!上半身はどうなの※対応一覧表あり

疑問女性

脱毛機器 VS ミュゼどっちがおトク?!

脱毛うさぎとぼける

うーん、わからないな~

どちらも一長一短だしね・・・
でも両ワキ脱毛だけなら100円のミュゼ(※やり放題)がおすすめ♪

それとVIOとか背中とか自分でやりづらい場所も同じことが言えるかな?

疑問女性

アトピーや敏感肌でも大丈夫?

脱毛うさぎ解説する

度合いにもよるけれど、あまりおすすめできないかな?

かゆみがでたり症状が悪化したら、購入代金がもったいないし・・・

ただ、敏感肌専門の脱毛サロン”ディオーネ”があるから、
そっちのほうがいいかもしれないね。

脱毛器の選び方&ポイント

耐用年数や保証

脱毛器はどのメーカーも1年保証がついており、
また耐用年数も約5年~と言われているため、基本的にどのメーカーでも安心です。

ちなみに、トリアは2年保証&30日間返金保証あり!
使ってみないと不安・・・という人にはおすすめです。

カートリッジ

脱毛うさぎ指先

例えば・・・

脱毛機器:ホッチキス
カートリッジ:ホッチキスの芯

みたいなものかな?

ホッチキス本体だけでも、機能しませんし、
芯だけ持っていても意味がないです。

脱毛器も光が弱くなってきたら、カートリッジの交換する必要があります。

※ケノンなどはディスプレイに残回数が表示されるため、一目瞭然!

脱毛うさぎ喜ぶ

カートリッジ交換タイプは面倒!という声があるけど、
本人・姉妹・母親など家族で共有する際”その人用のカードリッジ”を装着することで、
使った回数でケンカにならない!

衛生面でも気を使わなくて済む!点がいいかな?

だから”使いまわし”には最適かも?

脱毛器の種類・仕組み

  1. レーザー方式
  2. フラッシュ(光)方式
  3. サーミコン方式
  4. バジル方式

以上4つの方式により、脱毛機器は分類されます。

①レーザー方式(※トリアなど)

医療レーザー脱毛の医療機器よりも出力を下げた脱毛器。

ムダ毛に熱を加えて、毛細細胞を破壊するという仕組みです。

フラッシュよりも効果がありますが、ぶっちゃけ痛い!です(涙)

②フラッシュ(光)方式(※ケノンなど)

脱毛サロンはほとんどこの方式を利用して脱毛をしています。

レーザー方式と仕組みは似ていますが、光の種類が異なり、
痛みが少ないのが特徴です。

→ケノンの公式サイトはこちら

痛み

痛みの感じ方は個人差があるので、一概にはいえません。

ただ、フラッシュ方式が痛みがやや少ないため、痛みが気になる人は
ケノンがおすすめです。

以外?!脱毛器はメンズでもOK?!

脱毛器は女性の美容のためにしか使わない・・

といったイメージが強いですが、最近男性の利用者の割合が増えてきています。

脱毛器を使う箇所は顔のあごひげ・スネ毛などのようです。

電気シェーバーでも肌にキズがつくことはないとはいえませんし、
毎日剃るのは面倒!と考えると、男の人が使いたくなる気持ちがわかります^^;

→ケノンの公式サイトはこちら

家庭用脱毛機の購入理由・口コミ体験

20代看護婦:仕事が不規則なため

友人(※土日休みのOL)が全身脱毛サロンに通いはじめた為、私も興味が沸いて通ってみたい!
と思うようになりました。

ですが、私の仕事は看護婦のため、仕事のローテーションが変則。
もしサロンへ行っても、予約の変更やキャンセルも申し訳ないな・・・
とあきらめていました。

ですが、ある日、仕事先で先輩が”私ケノン使っているよ!”と言う話をチラッと聞いて、
後でスマホでコッソリ検索。

価格も全身脱毛よりも安いし、これなら朝でも夜でも好きなときに使える!
と即注文!

私は足と腕が気になるため、重点的につかっています。

デメリットは、背中やおしりなど”手がとどかない!”こと。
ひとり暮らしの女子にはちょっと大変です。

20代コールセンターのサポート:昼夜逆転・不規則

私は仕事の都合上、夜中の勤務もあれば、休みは連休など滅多になく、
月・水休みなど休日が飛んでいます。

シフトは1ヶ月前に組みますが、それ以上先は未確定。
そのため、脱毛サロンはあきらめて、脱毛機の購入を検討し始めました。

最終的にケノンとトリアの2種類の脱毛機に絞り、ケノンを購入しました。

価格はケノンのほうが高かったですが、日本製だし、かなり売れているみたいなので
ケノンを選びました。

ワキ脱毛は数十秒あればできるし、効果に満足しているので買ってよかったです。
それに、一緒に住んでいる妹が私も使いたい!というので、今は一緒に使っています。

※2人で使うとコスパがいいです。

30代在宅勤務:基本、出不精なので

私は昔から対人が苦手で、そのせいもあってか在宅での仕事(※自営業)
をしております。

現在、東京23区内に住んでおり、脱毛サロン・クリニックはどの駅前にもあるため、
店舗がない!と悩むことがない環境・・・

ですが、出不精(汗)です。

「自宅でサロンみたいにできないかな?」と15年ほど前に思いましたが、
当然、そんなものはなく、一度あきらめました。

ただ、脱毛器が安価かつ自宅で何回でもやり放題でできる!
ようで、引きこもり気味の私にはピッタリ。

※ちなみに、ケノンを購入しました。理由はピンク色のデザインがかわいかったから(^^;)

悪いところは、回数が決まっており、カートリッジを定期的に交換しないといけないところ。
それと、手が届かない部分ができない・・・それとIOパーツはメーカー側でNGなところでしょうか?

10代大学生:家族全員で使ってます!

脱毛サロンへ行きたい!けど、未成年だと、親の許可が必要。

ママに相談すると「大人になってからね!」とミュゼのたった100円の脱毛も許してくれない・・

そんなとき、社会人になったお姉ちゃんが「ケノンを購入しようと思うけど、あんた1万円くらい出せない?」
と相談されました。

お小遣いとお年玉から1万円を捻出して、残りはお姉ちゃんにお金を出してもらい、
家庭用の脱毛機をゲット!

最初はママはそんなんで効果があるの? と疑っていましたが・・・
今では3人で仲良く使っています。

※男性(※パパ)も使えるようですが、ちょっとイヤなので内緒にしています。

20代OL:脱毛サロンの予約が取りづらくて

2年ほど前、ワキ脱毛をしたくてミュゼに通っていました。

施術内容や料金、仕上りには満足・・・でしたが、予約がとりづらい時期があり
ちょうど引越しも重なったため、サロンから足が遠のきました。

また、脱毛サロンに行こうかな? と考えていたとき、
スマホでケノンのことを知り、ちょっと高いけど、サロンの予約を気にせずに自宅で手軽にできる、
という文面を見て、思わず注文。

最初は「買っちゃった・・・」とやや後悔していましたが、
ワキは1分もあればできるし、ひざ下やふとももなども広範囲ででいるので、
買ってよかったな、と今ならいえますね。

30代主婦:子供が小さくて、手が離せない

友達のママが全身脱毛サロンに通っている、という話しを聞いて
いいな~うらやましい・・・とずっと思っていました。

私も金銭的には通うことはなんとかできますが、子供がまだ小さいので
1回数時間もする全身脱毛サロンへいくのは、困難な状態でした。

そんなとき、旦那がヒゲ脱毛しないな~なんてのんきなことを言い始めやがって(怒)
でも、男性用のサロンに通うわけではなくて、夫婦で一緒に使える脱毛器

彼女に脱毛器をプレゼント

「誕生日プレゼント、何が欲しい?」

と聞くと、脱毛サロンへ行きたいと言われました。

ボクは脱毛とかチンプンカンプンで、まったくわかりません。

そんなとき、妹に相談してみたら「ケノンとかどう?」といわれましたが、
意味不明・・・

ただ、妹に実物を見せてもらい、自宅で一人でできる家庭用の脱毛機器と
初めて知りました。

値段はちょっと高かったですが、全身脱毛に通うよりは安いので、まあ、いっかな?
って感じです。

※結局、サロンにいかずにケノンを使っているみたいですね。

脱毛器ケノン

→ケノンの公式サイトはこちら